活動履歴

〔平成23年度長野県元気づくり支援金事業〕地元作家による高校生のためのアート・ワークショップV

第3回 木工ワークショップ

〜マイスプーンを作ろう〜

期日:2012年1月17日(火)・24日(火)

    美術U(2年生選択科目)

講師:武井 順一先生(木工家)



■第1回目 1月17日(火)5時限目

武井先生が事前に用意した数パターンのデザインの中から
各自が好きなフォルムを選び、
表面の彫り作業からスタートしました。
側面に鉛筆でスプーンのカーブの当りを付けてから彫り始めますが、
慣れない彫刻刀を使ってのなかなか難しい作業です。
一人ひとりの製作の様子を見ながら、プロ仕様のノミを手にした武井先生が的確なサポート。
ガシガシと面白いように木が削られていく様子に、思わず歓声が上がりました。

■第2回目 1月24日(火) 5時限目
いよいよ裏面を彫り始めます。
全体の形がほぼ出来上がったところで
粗い・中くらい・細かいの3段階のサンドペーパーで磨きます。
仕上がった作品からニス塗り作業に入りました。

■補講 1月27日(金) 4時限目
メーカーに問い合わせたところ、
事務局が用意したニスは食器に不向きなことが判明したため、
武井先生が食器製作の際に使用するプロ用ニスで、
あらためて塗装作業を行うことになりました。
前回の授業で塗り終わっていた作品は、
特別に上から「漆」を塗る対応を行っていただきました。
こうして、個性的な「マイ・スプーン」が出来あがりました。

プロフィール:上智大学仏語科卒業後、会社員生活を経て軽井沢で輸入民芸店を経営。その間木彫の師について20年間の修業を重ね、木工家として独立。東京・静岡・軽井沢など全国各地で個展を開催、精力的に作品を発表している。