美術館詳細

深沢紅子 野の花美術館

  • アート最新情報
  • 美術館詳細

洋画家として活躍した深沢紅子 (1903〜1993)は、昭和39年ごろから20年余り、画家であった夫・省三とともに、旧軽井沢の堀辰雄山荘を夏のアトリエとして過ごしました。 そして、高原の花々の美しさに触れ、多くの水彩画を描き続けました。 「野の花に生きることの全てを教わった」と語る深沢紅子。これらの作品からは、ささやかな命への愛しささえ感じられます。

平成8年7月、軽井沢の歴史的遺産のひとつである旧軽井沢郵便局舎の移築とともに、その2階を展示室として開館しました。 野の花を題材にした水彩画を中心に、油絵、リトグラフ、挿絵、愛蔵品を所蔵し、それらを季節にそって展示しています。またアトリエも再現されています。

Owner
深沢紅子 野の花美術館
Gallery Info
住所 : 
〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖217 軽井沢タリアセン内
TEL : 
0267-45-3662
FAX : 
0267-45-6466
時間 : 
午前10時〜午後4時
定休 : 
無休 ※但し、冬季休館あり
URL : 
click
Back